外壁塗装を行なって快適な空間を作る~テキパキ改善活動~

作業員

解体工事の費用

解体工事中

解体工事の平均的な価格とは

解体工事は建物を建て替えるときとか、崩壊寸前まで劣化したので取り壊す場合、行政上で強行する場合、あるいは区画整理で移築する場合も一部取り壊しが伴います。取り壊しは米国の場合はダイナマイトで壊す場合もありますが日本の場合は機械が入るところでは機械で、道路幅が狭い場合には手作業で行う場合もあります。大きな建物では騒音やホコリをたてずに行う近代的な方法を取る場合も見られます。解体工事には費用がかかります。これは全国において東京や大阪、あるいは地方においてその価格が違いますし、構造種別によっても違って来ます。坪単価を比較すると、東京都の場合は木造の場合は坪3.5万円、鉄骨造の場合は4.0万円、RC造の場合は4.5万円となっています。大阪府の場合は木造の場合3.0万円、鉄骨造の場合4.0万円、RC造の場合は4.5万円となっています。島根県の場合は木造で3.0万円、鉄骨造の場合は3.5万円、RC造の場合は4.0万円となっています。全国のデータがサイトで閲覧できます。

その工事の特徴について

解体工事は1991年には非木造建築物の解体件数は5.5万棟でありましたが、その10年後の2001年には約3.5万棟となっています。1棟辺りの床面積は同じく228平米から295平米と増加しています。これを請け負うのは建設業の土木工事業や建設工事業、トビ・土工工事業や登録解体業者などがあり、その数は約1万社とされています。重機は近年は大型のものや強力なものが使われる傾向が見られます。アスベストの解体など技術的な面でも高度かつ複雑化して来ています。解体対象物の平均的な階数は6.8階となっていて平均床面積は5千平米という資料も出ています。構造的にはSRCとかRC造のものが多く、混構造のものも見られます。解体工事の平均期間は約3.5ヶ月となっています。